積み木

緑と海のある街に住みたい

積み木

ライフスタイルに合う街

個人的に不動産を購入するならば、多くの人は、自然に囲まれながら利便性も兼ね備えている物件を望んでいる事でしょう。不動産を購入する一連の流れは、基本的にこの希望条件をリストアップして整理することから始まります。次に予算を決め、ネット広告や新聞チラシなどで住まいを探します。希望条件と予算に見合った不動産を絞り込んだら、実際に見学します。見学と並行して資金計画も立てていきます。資金計画とは、物件の購入資金の他に必要となる諸経費や住宅ローンの金利、毎月の返済額などの事です。現地見学での注意ですが、建物であれば、間取りや築年数などの不動産そのもののチェックだけでなく、時間帯や近隣騒音なども調べた方が良いので、見学日以外の時間帯や天候で納得のいくまで足を運ぶことをお勧めします。購入してもよい不動産が決まりましたら、売主である不動産会社や代理販売店んに購入申し込みをします。購入の際は必ず申し込んだ不動産会社の宅地建物取引士から重要事項の説明を受け、納得できたら売買契約を結びます。その際、一般的には物件価格の10%〜20%の手付金を支払います。住宅ローンを組む場合でしたら、売買契約後にローン契約を結びます。物件が完成したら、残金を支払います。同時に売主が物件を引き渡し、不動産の登記手続きを行います。その後、引っ越しして入居となります。緑と海の自然に恵まれた都市には鎌倉市があります。鎌倉市は一般的に、鎌倉駅周辺や鎌倉大仏のある鶴岡八幡宮辺りの観光地の狭い地域の印象が強いですが、住宅地として見れば、北部は大船駅周辺から南部地域は由比ガ浜や七里ガ浜まで広範囲です。サラリーマンや学生の家族構成であれば、交通アクセスのよい大船駅周辺を、落ち着いたシニア生活には鶴岡八幡宮周辺を、海の生活を希望するなら南部地域をお勧めします。鎌倉市は多様な個人のライフスタイルにあった不動産が見つけられる街でもあります。